ONSafari

ONSafariのブログ

最新記事

2018/04/25 夏の準備☆
2018/04/22 Tシャツと軽~い羽織のご紹介♪
2018/04/19 暑い夏!ONsafariも熱い!
2018/04/17 スケラボさんとのコラボ第2回!!

 

カテゴリー

blog
 
 
 

Monthly Archives: 8月 2009

2009/08/23

ベリーダンスショー開催

来る9月19日(土)PM6:00 カフェ サファリにて、辻 香先生をお招きし、ベリーダンスショーを開催いたします。 今回は多くの皆様にベリーダンスをご紹介という趣旨も踏まえ、特にお席を用意せず無料にて気楽にご覧いただきたいと考えております。 辻先生は、京都府ご出身で様々な土地をさすらい、トルコにてベリーダンスと出逢われました。今夏は更なる修行にとエジプトを訪ね、新たな妙技を会得されたようです。現在は、環境抜群の宮崎県を拠点に熊本、長崎等で教室を開かれ、また九州各地で各種イベント出演を精力的にこなされています。別名、ジプシーダンサーとも呼ばれる自由奔放な香ダンシングを是非ご覧ください。
尚、ビデオ撮影はご遠慮ください。(写真撮影はOKです。) 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

2009/08/21

ファラフェルとの出会い

2009年5月カフェをオープンした。 中近東ではポピュラーなベジタブルピタサンド”ファラフェル”とインドのミルクティー”チャイ”をメインメニューーにスタートした。
私が初めてファラフェルと出逢ったのは、イスラエルに行った時だった。当時キブツ(共同農村)に滞在し、たまの休みの日に街に行くと、そこここにファーストフード形式のファラフェル屋があって、興味本位で食べてみた。最初は、「なに、これ?」という感じだった。次に街に行った時、また食べた。金もなく、現地の食べ物の名前も知らない自分にはてっとり早く気軽さからついつい、という感じでだった。ある日「大したことねぇよなぁ〜」と言いながらも食べている自分に気づいてハッとした。そしてついにある晩、無性に食べたくなったのである。 最近ではネパール・カトマンズ、バンコク、バリ島などでも次々ファラフェル屋がオープンしており、日本では京都、東京でポツポツ知られ始めている。 そんなアジア各地でファイナルチェックを行い、同じ味であることを確認してオープンに踏み切った。

キブツについて イスラエル国内にたくさんある共同生活村。外国人を労働ボランティアとして受け入れる。 外国をさすらう貧乏旅行者にとっては、労働と引き換えにベッドと食事、僅かばかりのこずかいを得ることのできる場所。各キブツにより、また時期により異なるが、世界各国から若者が来ているので語学の勉強にはもってこいだと思う。寝食(2人部屋が多いかな)や労働を共にするので、気取った関係は長続きしないから友達ができやすい。テルアビブにキブツオフィスがあるので訪ねると、キブツを紹介してくれる。海辺がいいとかいろいろ言えば希望に近いところを探してくれる。そこで行きかたを書いたメモを頼りに訪ねる。もう少しお金が欲しい人はモシャブへ行くといい。モシャブの方があまり管理されず自由な感じ。飯も自分で作る。キブツやモシャブのいいところは貧乏な若者がお金を使わず、外国に長期滞在できる点ではないだろうか。良い社会勉強だと思う。 ただ一点。工場、養鶏場、洗たく、厨房、果樹園・・・etcといろいろな仕事があるが、戦争中の国であり多くの人々が親族、友人を戦争で失っている。アラブでも同じく、悲しみと憎しみの中、生きている人々が大勢いる。外国人の私たちは中立をうたうが、イスラエルで働くということは即ち対アラブになる。私は占領地であるゴラン高原で土を掘った時、初めてイスラエルに加担している自分を感じた。そんな思いが一気に体中を駆け抜け、ゾッとした。ゴランという占領地でなければ感じなかったかもしれないが・・・。