ONSafari

ONSafariのブログ

最新記事

2018/10/19 ゲリラブログ〜ソウルにてYOKOぴ
2018/10/19 10月といえばー??
2018/10/16 お洒落してお出かけ。
2018/10/13 寒くなると欲しいのは・・・?

 

カテゴリー

blog
 
 
 

2016/01/01

新年明けましておめでとうございます!!

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

2016年オンサファリは岐路に立っていると思います。

道は右と左だけの時もあれば、いくつもの道が見える時もあります。

ふと立ち止まりお店を始めた頃に想いを馳せてみました。

《オンサファリのスタート》

オンサファリの前身は、1996年にオープンした「アフリカ屋」です。

それ以前にこのアフリカ屋を始めるきっかけになった出来事がありました。

1990年代初め、故チェ・ゲバラの面影を求めキューバを旅した時のことです。

当時の首都ハバナは、街全体が一部を除き廃墟状態でした。

日差しが強烈で日中はまるでゴーストタウンのようで人気がありません。

そんな街中をぶらぶら歩いていると、

「以前は、商店だったんだなぁ~、きっと洋服屋さんだったんだ、

ここは花屋さんだったのか、ここはレストランか・・・」。

そんな廃屋がぽつりぽつりと目に入ってきました。ガラスが割れ何年も

手が入っていないだろう埃だらけの店内に折れ曲がったハンガーラックや

壊れた棚、散乱するごみ。

洋服にも花にも興味がなかったのに、なぜかとても淋しい気持ちに

なりました。そしてなぜか見たこともない往時の華やかなりし頃のお店の

光景が鮮明に、次々と目に浮かびました。

それは色鮮やかで、太陽のように大らかで明るく、清潔な店内とお店の人の弾ける

ような笑顔でした。

今もその時の光景が脳裡にしっかり刻まれています。

その日以来、私にとって商店やファッションは社会の花(彩)となりました。

やさしさに満ちたオアシスのような花です。

オンサファリは、お客さんとって安らぎや明日への希望に満ちたお店かな?

人生の彩りになっているのか?と考えてみました。

皆様、2016年どうぞ良い年をお過ごしください。そして、たまの息抜きに

オンサファリへお越しください。

安らぎや明日への希望、人生の彩りに満ちたお店となるよう心がけて

いこうと思います。


さて新年を記して、日本人でありながらタイの高僧になられた、

アーチャン・光男・カウェサコーさんの言葉を。

《今すぐ幸せになる方法》

本来、幸せになりたければ誰でも一人残らず、今すぐに幸せになることができる

のです。清らかで明るいことを考えると、清らかで明るい心が生じるからです。

喜びや幸せを考えれば、喜びや幸せに満ちた心になるからです。

悪いことを考えると、心は悪い方向へ向かい、苦しみの状態となります。

逆に喜びや幸せを考えると、心は喜びや幸せに満ちた状態となります。

普段から自分の考えていることを観察してみると、いつも他人のことばかりを

考えていることに気づくのではないでしょうか。

大抵「あの人は良い人だけど、この人はこのように嫌い!」などと自分の都合の

いいように考え、期待してみたり、憎んでみたり羨ましがってみたりと9割以上は

他人のことばかり考えていて、自分自身のことを考えることは1割以下だったりしませんか?

その上、自分のことは棚にあげてしまって、他人の欠点は大きな山のように見えるのに、

自分の欠点が針の穴のようにしか見えないことが多いのです。

先ずは自分自身に興味を向け、自己の観察を9割以上にしましょう。他人の観察は1割以下

におさえましょう。

他人の粗探しをして非難するようなことはやめて、良い面を探すように心がけ”自分の欠点は

改める”という決意で努力します。

百回でも、千回でも、一万回でも続けます。できなくても、気にすることはありません。

毎日のように努力することに意義があるのです。 了

アーチャン・光男・カウェサコー

 

皆様にとりまして素晴らしき年となりますように!!

 

J・P YAMAZAKI

 


コメントを残す