ONSafari

ONSafariのブログ

最新記事

2018/10/19 ゲリラブログ〜ソウルにてYOKOぴ
2018/10/19 10月といえばー??
2018/10/16 お洒落してお出かけ。
2018/10/13 寒くなると欲しいのは・・・?

 

カテゴリー

blog
 
 
 

2014/01/25

ケータイを捨て旅に出よう!

皆様、こんにちは。
1月15日からタイへ春夏商品の買い付けに来ています。
タイでは、13日から反政府デモ隊による「バンコクシャットダウン」と称する中心部の交差点封鎖が始まりました。
出発間際になってこれでは、参ったな、と延期を検討していたらYOKOぴが、「チェンマイに行けば?きっと変わってるよ。」というので、なるほどいい案だ、ということになり、先ずはチェンマイに行きました。チェンマイは約6年ぶり。チェンマイ空港に着いてタクシーで常宿にしているホテルに向かったら、


「ガーン」。ホテルが取り壊されつつある。運転手さんも「アチャ~」。つい最近のことらしい。
「どこか他のホテルに案内してあげるよ」といってくれたが、断りました。
確かに驚いたが、なんだろうか、解体されているホテルを見て、すっきりした。一つの時代の終わりを感じたのかもしれません。新しい旅の始まり。自分の足で宿探しをしたくなった。

チェンマイはこの時期、朝晩肌寒く1枚羽おり物がほしいのですが、日中はポカポカ陽気で快適な気候です。町は風情があって、バンコクに比べると人々ものどかでなんとも落ち着くせいか、日本人を含め外国人の居住者が増えているらしい。裏の小道を歩くと小春日和の空気に、一瞬時が止まったような楽園感覚が過ぎります。そんなチェンマイの町を記憶をたどるように歩いていたら、

  
昔もあったが今も健在。自筆の絵に詩を書いた作品がずらり。一風変わった館。
一応それぞれの品に値段がついているので、店といえば店なのだが中は迷路のように入り組んでいて、人の家のようでもある。ここのご主人がジョンさん。壁にはジョンさんと世界中のお客さんとの2ショット写真が数百枚。なぜか女性とのが多い。


ジョンさんは片言の日本語を話す。
私「ここ長いでしょ?」
JOHNさん「うん、31年」
私「へえ~、ジョンさん年いくつ?」
JOHNさん「71」
私「え~!71、見えない、すごい。」
JOHNさん「ホント、ほんとよ、とても健康」
私「ジョンさん、家族は?」
JOHNさん「奥さん、別れた。奥さん、日本人ね。息子、沖縄にいる、今度結婚したね。私、ガールフレンドいるね」
私「だから日本語上手なんだぁ~。恋人何歳?」
JOHNさん「27歳」
私「そりゃ若すぎるよ、MAKE LOVEするの?」
JOHNさん「当たり前よ、私たち仲いいね。年、関係ない。私恋人一杯いる。」
といって写真を指差しながら、かつての恋人を教えてくれる。
私「いいなぁ~。俺もアーティストになりたい。」
JOHNさん「簡単よ。誰でもアーティストになれるね、心を開けばいいね。それだけ」
私「じゃあ、明日からアーティストになったらもてるんだ」
JOHNさん「最初はダメね、有名じゃないともてない。有名になったら皆もてるよ」
なるほど、”心を開く”かぁ~。さらりといいこと云うなぁ~と、本気で感動した。
ジョンさんは、ここでも寝泊りするけど、たまに山で暮らしたりすると云っていた。
こういう人との会話は楽しい。旅はいいな、とつくづく思う。

その後、3日ほどチェンマイに滞在しバンコクに戻って来ました。

  

     

 
バンコクの現状はどうかというと、デモ自体はマッサージ屋さんや屋台が出ていて一見のどかな風景ですが、盛り上がるときは騒然とします。非常事態宣言が出て、日本でTVニュースを見ているとバンコク中がデモ地区みたいで、9割危険に思うかもしれませんが、実際は99%安全です。今のところは、ですが。デモの地区は狭い範囲に限られていて、そこを除けばみんな普段通りの生活をしています。電車も動いているしお店も会社も学校も開いています。先日の日曜日、デモ隊に向かって手榴弾が投げ込まれた後は、ちょっと緊張感が走りました。顔馴染みの若い商店主は「爆弾を投げてデモに参加させないように脅している、だからこそ、これからデモに行くんだ!」と気持ちが高揚していました。そんな会話の最中にも仲間から「両親が危ないからデモに行くなと言うので、行けなくなったの」という連絡が入ったりしていて、まるで60年安保の学生運動の一場面のようでした。ただ、タイの人は熱しやすく醒めやすい部分が結構ありますが・・・。

そんなわけで買い付けは順調です。タイでは個人が簡単にデザインを起こして洋服を作るシステムがあるらしく、オリジナル作品と出会う機会が結構あって、今まで見たこともないような品を発見すると「やったぜ!」となります。今回もそんな無名個人ブランドの品と出会えました。どなたかとご縁があると嬉しいかぎりです。2月中旬頃から商品ディスプレイの予定です。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

2014, 1,24 バンコクにて

J・P・YAMAZAKI


コメントを残す